種類豊富な封筒

封筒の特徴①

表面がコーティングされてる漆工紙と呼ぶ紙なら、インキが鳩首す荒れずそのまま表面に乾き固まって、元の色、印刷後の色でそれほど変化がないです。
が表面コーティングされてない非塗工紙は、塗工紙に比べインキが吸収されて、
多少のにじみが起きることも影響して本来より暗い色に見えたり濃く見えるような現象が起きるのです。
そうした変化が起きないようにするとき
インキの沈みにくい紙を使うといったことが大事です。

また、透明封筒のメリットですが、白、茶色の紙封筒を封筒でよく思い浮かべますが、それは一般的なものなのです。
今は透明封筒も広く利用されています。
これは内容物がすぐ見えて、手に取った方が興味をいだきやすくなる効果があり、透明袋に光沢あって内容物をきれいに見せられて、魅力的なダイレクトメールを演出可能です。
封筒は定番の紙製以外に、窓付き封筒、透明封筒という種類があり、どれも日常でよく目にしますが、わざわざ使い分ける意味などについて詳しく知ってる人は少ないはず。

そして窓付き封筒、透明封筒は普通のより凝ったデザインですが、単に個性アピールのため変わった仕様ではなく
贈る側にとっても受ける側にとっても機能的な面で都合いいよう普通と違った構造なのです。

関連ページ